安保法案反対 横浜弁護士会が七夕飾り100本

弁護士黒澤知弘です。

2015年7月8日付け東京新聞より以下の記事をご紹介します。

 

 

安保法案反対 横浜弁護士会が七夕飾り100本

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20150708/CK2015070802000186.html




横浜弁護士会の憲法問題対策本部は七日、

集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案に反対する七夕飾りを製作した。

曇り空の奥にある天の川に思いをはせ、平和への願いを短冊に書いた。


長さ五十センチほどのササ百本を用意し、弁護士たちが

「安保法制反対」「平和でありますように」「9条を力に平和を築こう」

などと次々に願いをしたためた。

 

集団的自衛権をめぐる問題について、

「もっと広く関心を抱いてほしい」と今年初めて企画した。


九日午後五時には、百人の弁護士が中心となり、この飾りを持って行進する。

横浜公園(横浜市中区)を出発し、伊勢佐木町に至る。

大学生による吹奏楽の演奏もある。

小雨決行。当日参加も受け付けている。


企画した一人の熊沢美香弁護士(37)は、「短冊には切実な願いがこもっている」と語る。

ただ、星に願うだけでなく「言論でも粘り強く訴えていく」と付け加えるのを忘れなかった。(志村彰太)

 

七夕(安保法案反対)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(中央に映っているのは岩井弁護士です。)

 

 

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  安保法案反対 横浜弁護士会が七夕飾り100本 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。