2017年11月

弁護士の小賀坂徹です。

 

1年前のブログにノエル・ギャラガーのアルバム『チェイシング・イエスタデイ』について書いた。

そこで「オアシス解散後のノエルとリアムの音楽活動をみるにつけ、分かりきっていたことではあったが、オアシスはノエルだったということを嫌というほど思いしらされる。」と指摘したのだが、

今回のリアムのニューアルバム『AS YOU WERE』はいい意味でその思いを大きく裏切るものだった。

つまりもの凄くよかったのだ。

 

リアムはオアシスのフロントマンだったから、ヴォーカリストとしてのパフォーマンスには自信があったに違いないが、トータルとしてのミュージシャンとしての能力には自信はなかったのだと思う。

特にソングライティングについては、ノエルにコンプレックスを抱いていたのだろう。実際、オアシスのほとんどの楽曲はノエルの手によるものだったから。

 

そういう意味では、リアムがオアシス解散後、ソロでなくBeady eyeというバンド活動を始めたのは十分頷ける。

Beady eyeはオアシス同様のギターロックのバンドだったが、楽曲は何というかオアシスにあった『コブシ』がそのまま抜け落ちたような、癖もなく平板で印象の薄いものだった。

このバンドも2年ほどで解散し、その後は音楽活動そのものを休止してしまっていた。

この間、ノエルが「リアムはソロアルバムを作るべきだ」と発言したこともあったが、

リアムは「ソロ?頭イカレてるのか?」とツイートしたという(ライナーノーツより)。

相変わらずの兄弟関係だが、リアムのもともと抱いていたコンプレックスと音楽活動に対する熱が薄れていることを示すエピソードであろう。

 

しかし、そんな低迷期を経た後、満を持してリリースしたのが今回の新作『AS YOU WERE』である。

この作品でのリアムのヴォーカルは、オアシス全盛期を彷彿させるご機嫌なもので、ロックシンガーとしての再生を感じさせる。

そして、何よりリアムのソングライターとしての才能が開花したともいえる出色の作品が並んでいる。

共作も多く、またプロデュースの力もあるのだとは思うが、リアムのイニシアティブで出来上がったものであることは間違いなく、オアシスとは一味違ったニュー・リアムの誕生を思わせる佳作の数々である。

ジャケットに自身の顔のクローズアップをどーんと持ってきているのも、この作品に対するリアムの自信を表しているし、

何より『AS YOU WERE(もとへ)』というタイトルがリアムの自立への決意を物語っている。

セールスも好調のようだし、ギターロックが好きであれば、とにかく聴いてもらいたい。

 

さて今月末には、ノエルの新作もリリースされる。

先行シングルを聴くと、これまでになく自己肯定的でキャッチーなものに仕上がっており、

ちょっと期待と違っていたのが気になるが、楽しみであることに違いない。

 

リアムもノエルも活躍するようになると、念願のオアシス復活ということに近づいてきていると思いたくなるが、こればかりは簡単ではないだろうな。

 

 

カテゴリー: Topics, ブログ, 弁護士より |  OH! LIAM, Bravo ! ~リアム・ギャラガー『AS YOU WERE』 はコメントを受け付けていません。