2017年09月

弁護士松浦ひとみです。

 

ここ数年、関東学院法科大学院で、「子どもの人権に関する法実務」という教科を教えています。

 

講師は私を含め3名で、全15回の講義を分担して担当しています。

ロースクールで講義、というと、大教室でたくさんの大学院生に囲まれているイメージを想像されるかと思いますが、

実際には、ここのところ、受講者は少なく、去年も今年も、何と1人!

今年は開講されないのでは、という予測を毎年裏切り、細々と、講義が続いています。

 

3名の講師全員参加の授業では、模擬接見の講義などもしています。

私が、事件を起こした少年になりきり、自身が担当した少年事件を題材にしながら、

生徒さんを質問攻めにして、困らせたり(?!)しながら、実践を積んでもらっています。

 

私の担当は、重大少年事件に関する分野です。

私自身、少年事件についてはそれなりの件数をこなしていますが、

重大少年事件については経験が豊富、というわけでもなく、

勉強しながら、逆走事件や、最近の法改正などについて、講義しています。

 

今年も、4月から7月まで講義が行われ、8月に成績会議を行い、無事に終了し、ほっとしています!

カテゴリー: Topics, ブログ, 弁護士より |  関東学院法科大学院で講義をしています。 はコメントを受け付けていません。