2013年02月

弁護士 大野美樹です。

 

縁あって、静岡家庭裁判所某支部で家事調停をすることになった。

 私は、地方出張が好きであるから、何ら苦にはならないが、依頼者には経済的な負担がかかってしまう。

私は約半年静岡に通ったが、結局調停は不調になり訴訟に移行した。

 

 訴訟になると、相手方に東京の弁護士がついた。

「よし、それじゃ、合意管轄で横浜か東京にしてもらおう!」とはりきったが…、

そう、人事訴訟法では合意管轄は認められていないのであった(注1)。

 

2013年1月1日家事事件手続法が施行されて、家事事件の手続が大きく変わった。

(細かい説明は退屈であろうから省略する。)

 家事「調停」事件の管轄については、従前通り、相手方の住所地に加えて、

当事者の合意による管轄が認められているが(法245条1項)、

家事事件手続法では、別表第2に記載された家事「審判」事件についても、

当事者の手続の便宜の観点から、合意管轄が認められることになった(法66条1項)。

 しかし、家事事件手続法が施行されても、人事訴訟法は変わらないので、注意が必要である。

 もうひっかからないゾ。

 

(注1)人事に関する訴えは、

当事者が普通裁判籍を有する地を管轄する家庭裁判所の管轄に専属するので(人事訴訟法4条1項)、

双方が異なる裁判所に提訴した場合、結果的には早い者勝ちということになる。

 

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  家事事件手続法と私のひとこと(合意管轄) はコメントを受け付けていません。

 

 

1月27日、事務所がサポーターになっている湘南ベルマーレの記念試合を黒澤弁護士以下、事務局3名ほか総勢11名で平塚競技場に行きました。

 

 

 

当日は忙しいなか事務所から独立した城田弁護士と事務局も来てくれました。

天気は良かったのですが、とても寒くみな着膨れするほど着こんでいます。

 

ベルマーレOB対レイソル・ジュビロOBの試合から始まって、ベルマーレ平塚対湘南ベルマーレ(OB、現役混合チーム)の試合がありました。

 

 

 

 

フジタ時代のキーパー小島や名良橋、エジソン、プレー自体が光っていた中田英など往年の選手が目白押しでした。

 

 

 

 

おだやかな感じの試合でしたが、試合中に思い出の話もあったりして楽しめました。

最後は選手がグラウンドを一周。間近に選手を見られる貴重な機会でした。

 

また、J1での復帰試合で競技場に行きたいと思います。

 

 

 

●湘南ベルマーレと福島ユナイテッドFCが提携しました。 詳しくは下記URLをご覧ください。●

 

http://www.bellmare.co.jp/72276  (湘南ベルマーレの公式サイトにジャンプします。)

http://fukushimaunited.com/news/pr/fc-9.html  (福島ユナイテッドFCの公式サイトにジャンプします。)

カテゴリー: ブログ, 事務局より |  ベルマーレ創立20周年記念試合観戦! はコメントを受け付けていません。

 

 

みなさんは、「憲法」「改憲」について考えたことはありますか。

 

いま、各政党は憲法「改正」を主張して憲法草案を作成し国会では憲法審査会
での議論が進んでいます。
改憲へのレールが敷かれ、改憲への動きが加速しています。

しかし、憲法「改正」によって、わたしたちの社会はどのように変わるのでしょうか。

本当に、わたしたちの命や暮らし、自由や平和を守ることにつながるのでしょうか。

 

日本国憲法がどのようなもので、わたしたちの個々の生活にどのように結びついて

いるものなのか。

これまでの日本国憲法がはたしてきた役割とは何か。
そして、改憲によってそれがどのように変わるのか。
多様な観点から、改憲問題を考える連続講座を行います。

その第1弾として、伊藤真氏を講師にお迎えして、まず憲法とはどういうものなのか

についてお話しいただきます。

 

「憲法」「改憲」はわたしたちの問題です。
ご質問なども受け付けますので、是非お誘いあわせの上、ご参加ください。

 

連続講座「改憲問題を考える」
第1弾 憲法ってなんだろう?~一人ひとりを大切に!~

講師 : 伊藤真氏
日程 : 2013年2月8日(金)
時間 : 18:10~ 開場
      18:30~ 開始
会場 : 横浜情報文化センター6階 情文ホール
主催 : 青年法律家協会弁学合同部会神奈川支部

 

カテゴリー: 弁護士より |  「連続講座 改憲問題を考える 第1弾 憲法ってなんだろう?」のご案内 ※終了しました はコメントを受け付けていません。