弁護士の馬奈木です。


来る5月25日(日)のイベントのご紹介です。

 


東京都墨田区の「yahiro 8」というスペースの主催でイベントがあり、

そのなかで、憲法について15分トークを行います。

 

スープを飲みつつ、演劇、ライブドローイングなどのパフォーマンスを楽しみつつ、

憲法についてもちょっと考えてみる。

そんな日曜日を過ごしてみたいという方、是非是非、ご参加くださいませ。

 


【イベント情報】

藝とスープ(4)

日時:5月25日(日)15:10~17:00(開場15:00)

参加費:500円(スープ込み)

場所:yahiro 8(墨田区八広4-10-1) 京成押上線八広駅徒歩8分

 

アクセス→http://yahiro8.seesaa.net/category/8675563-1.html

 


◎今月の出演予定

1.安藤達朗(演劇的な実験的な何か? 15:15くらいから開演)
近作:絶区シアター公演『同居人』@あをば荘 http://awobasoh.com/?p=590

 

2.田中みさよ(ライブドローイング)
近作:ドローイング・インスタレーション『呼吸する星影』@あをば荘
http://misayotnk.jimdo.com/exhibition/2013-02-呼吸する星影/

 

3.馬奈木 幹 miki managi(15分で話します「憲法ってどんなもの?」)
所属事務所:馬車道法律事務所 http://bashamichi-law.jp/lawyers/#managi

 

 

◎今月のスープ
 ついに男スープ登場か?

※スープ仕込みのためご予約頂けると助かります。

できましたら前日までにFacebookイベントページの参加をポチっとしていただくか、

下記連絡先へお名前と人数をお知らせください。

※いきなり当日出演してみたいという方も、どうぞ気軽にお問い合わせください。

 

 

【問い合わせ】yahiro8@ac.auone-net.jp
イベントスペース「yahiro 8」のサイトです→ http://yahiro8.seesaa.net/ 
Facebookイベントページ→ https://www.facebook.com/events/1514326662122261/?ref=22

 

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  藝とスープ はコメントを受け付けていません。

弁護士の馬奈木です。

 

いま、憲法9条の憲法解釈によって集団的自衛権を容認する動き、

秘密保護法の制定などにより、日本という国が大きく変わろうとしています。

 

 

こうした情勢から、全国各地で、有志の弁護士が講師となって、

憲法、集団的自衛権、秘密保護法などの学習会を開いており、

当事務所の弁護士も講師を勤めています。

 

 

最近では、去る5月15日、神奈川民医連の主催で、

秘密保護法の学習会を行いました。

 

 

学習会の参加者は5人でも10人でも構いません。

 

「憲法」「秘密保護法」など、ニュースや新聞で見聞きするけれど、

どんなものなのかよくわからない、気軽に学んでみたい、

という方々がいらっしゃいましたら、是非、お気軽にご相談ください。

 

当事務所の弁護士が学習会の講師として参ります。

 

(もし当事務所の弁護士が不都合の場合、別の事務所にはなりますが、

同じく、講師活動をしている弁護士をご紹介いたします。)

 

よろしくお願い致します。

 

 

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  学習会の講師、承ります! はコメントを受け付けていません。

はじめまして。今年から入所致しました、新人弁護士の岩井知大です。

 

少し前になりますが、3月20日、

福島原発かながわ訴訟の第2回口頭弁論期日が開かれました。

 

当日は、支援者及び原告の方々を中心に、沢山の傍聴人の方々に来て頂き、

横浜地方裁判所の最も大きい法廷が満杯となりました。

 

裁判所に、今回の訴訟が如何に多く人が関心を持っていて、

そして、沢山の人達に支えられている訴訟であることを知ってもらうためには、

まずは法廷を一杯にすることが必要です。

今後の期日にも沢山の方に来て頂きたいですね。

 

 

当日の法廷では、原告の方1名、弁護士から3名が意見陳述をしました。

私も、その一人として意見陳述を致しました。

弁護士の意見陳述は法的な観点からの意見陳述をするもので、

私も概ねそのような内容だったのですが、

原告の方々から被害の状況、置かれている状況、

そして、被告東電の対応の不誠実さを目の当たりにして、

どうしても裁判所に原告団の今回の訴訟にかける思いを伝えたくて、

一原告となったつもりで、原告の方々が考えている今回の訴訟の意義であったり、

今回の訴訟にかける思いも陳述させて頂きました。

 

法廷を出たところで、原告の方々から声をかけられ、

とてもよかったと言って頂けて、やはり陳述してよかったと思いました。

 

今後も、一原告となったつもりで弁護団活動を展開していきたいと思います。

 

※写真は期日後の報告集会の様子です(私はいません)。

福島原発かながわ訴訟3.20

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  福島原発かながわ訴訟第2回期日 はコメントを受け付けていません。