弁護士黒澤知弘です。

2015年7月8日付け東京新聞より以下の記事をご紹介します。

 

 

安保法案反対 横浜弁護士会が七夕飾り100本

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20150708/CK2015070802000186.html




横浜弁護士会の憲法問題対策本部は七日、

集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案に反対する七夕飾りを製作した。

曇り空の奥にある天の川に思いをはせ、平和への願いを短冊に書いた。


長さ五十センチほどのササ百本を用意し、弁護士たちが

「安保法制反対」「平和でありますように」「9条を力に平和を築こう」

などと次々に願いをしたためた。

 

集団的自衛権をめぐる問題について、

「もっと広く関心を抱いてほしい」と今年初めて企画した。


九日午後五時には、百人の弁護士が中心となり、この飾りを持って行進する。

横浜公園(横浜市中区)を出発し、伊勢佐木町に至る。

大学生による吹奏楽の演奏もある。

小雨決行。当日参加も受け付けている。


企画した一人の熊沢美香弁護士(37)は、「短冊には切実な願いがこもっている」と語る。

ただ、星に願うだけでなく「言論でも粘り強く訴えていく」と付け加えるのを忘れなかった。(志村彰太)

 

七夕(安保法案反対)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(中央に映っているのは岩井弁護士です。)

 

 

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  安保法案反対 横浜弁護士会が七夕飾り100本 はコメントを受け付けていません。

 

岩波ホールでドキュメンタリー映画『沖縄うりずんの雨』(2015 シグロカラー 2h28 監督 ジャン・ユンカーマン)が上映されています。

*クリックすると公式サイトが開きます。

 

 

 -私たちは、沖縄のことをどれくらい知っているのでしょうか?-

 

 

映画は、1853年、ペリー率いる米海軍艦隊が徳川幕府に開国を迫る拠点として、

琉球政府の意向を無視して、那覇に強引に上陸し、

1854年、琉米修好条約を締結した歴史から始まり、

1945年4月、米軍が沖縄本島に上陸し地上戦になり、

住民の4人に1人が命を落とした戦いの後、6月24日以降米国の占領地となり、

1972年の返還から現在に至っても占領地のままの状態が続いているという現状が

戦争の実写フィルム、多くの人の証言から明らかにされていきます。

 

 

日本軍が首里から摩文仁撤退開始に追い込まれたとき、

その軍隊を守るために急遽、沖縄の15、16才の少年たち25人が招集され、軍服を着せられ、

板で作られた箱に爆弾を入れ、米戦車隊の戦車の下に潜って爆発させろ、と命令されます。

一人の少年も戻ってくることはなかったため、その実態もつかめていません。

爆弾を抱えて突撃していった少年達を見送ったという人の証言があるだけです。

 

 

国を守る、という大義の軍隊が、このように無残に住民を切り捨てていくものであることは、

ひとたび戦争が始まれば避けることのできない事実です。

 

今、普天間基地の代替地として辺野古の埋め立てが進められようとしていますが、

その基地計画の実態に慄然とします。

 

 

建設費用 約1兆円(日本負担)

160haの埋立地 1.8kmの滑走路2本

運用年数 40年

耐用年数 200年

 

このような基地が新たに沖縄に作られようとしているのです。

沖縄の人だけにこの問題を背負わせるわけにはいきません。

 

 

沖縄は問いかけています。

 

 

 

20150707171222-0001のコピー

 

20150707171214-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ, 事務局より |  映画「沖縄うりずんの雨」 はコメントを受け付けていません。

今日は七夕ですね。

あいにくのお天気ですが、皆のねがいが届きますように。

 

DSC_0292

カテゴリー: ブログ, 事務局より |  七夕 はコメントを受け付けていません。
20 / 37« 先頭...10...1819202122...30...最後 »