弁護士黒澤知弘です。

 

当事務所の弁護士も所属する法律家団体において、

平成28年度からの中学公民教科書に関し、

県内の教育委員会に対し、

大きな問題を抱えた育鵬社版教科書を採択しないよう求める意見書を提出、記者会見を開きました。

 

会見には、岩井弁護士石畑弁護士黒澤の3名が参加しました。

神奈川県内の子ども達の教育について大きな影響があり、

重要な問題ですので是非とも関心をお持ち頂ければと思います。

 

なお、この問題については下記のとおり報道されました。

 

産経新聞

http://www.sankei.com/life/news/150612/lif1506120041-n1.html

「神奈川県の弁護士らでつくる4団体は12日、平成28年度からの中学公民教科書に関し、

保守色が強いとされる育鵬社版が

「憲法に関する記述で法律家として見過ごせない誤りを含んでいる」として、

県内の教育委員会に採択しないよう求める意見書を発表した。

4団体は神奈川労働弁護団や自由法曹団神奈川支部など。

小池拓也弁護士は記者会見で

「23年の前回採択では横浜、藤沢両市が育鵬社を選び、県内の採択率は4割強に上る」と指摘。

「憲法の標準的な見解を学べなくなれば、受験にも支障が出る」と述べた。

文部科学省などによると、中学教科書は各教委が4年に1度、科目ごとに1出版社を選ぶ。

23年の採択結果で育鵬社の公民教科書は全国で約4万9千冊となり、うち約3万冊を2市で占めた。」

 

 

神奈川新聞

http://www.kanaloco.jp/article/102344

 

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  中学公民教科書 はコメントを受け付けていません。

平塚競技場(Shonan BMW スタジアム平塚)に、

馬車道法律事務所のバナーを出しています。

 

その写真を、5月14日に湘南ベルマーレの日下部さんからいただきました。

平塚競技場バナー

 

平塚競技場で観戦する際は探してみて下さい。

カテゴリー: ブログ, 事務局より |  平塚競技場に… はコメントを受け付けていません。

 

弁護士 竹中由重です。

 

先日、約2年ぶりに映画を観ました。

以前、このブログで、『きっと、うまくいく』というコメディ映画を紹介したことがありましたが、

たしかそれ以来です。

 

タイトルは、『あの日の声を探して』。

 

もともと、ヴィン・ディーゼル主演の『ワイルドスピード』でも観ようと思って出かけたのですが、

時間が合わず、こちらを選択。

しかし、時間が合わなくてよかった。

 

ストーリーは、1999年当時のチェチェン紛争を舞台として、

ロシア軍兵士に両親を殺された9歳の少年ハジの物語と、

ロシア軍に強制入隊させられた青年コーリャの物語がそれぞれ進んでいきます。

 

ハジは、目の前で両親を銃殺され、そのショックで声を失い、

瓦礫と化した街で独り路上生活を送っていたところ、

偶々、フランスから調査に来たEU職員のキャロルに保護されます。

キャロルは、EUの人権委員会に所属していましたが、

委員会は空席が目立ち、出席委員の多くもキャロルの訴えには関心を示さないなど、

チェチェンの惨状を前に何もできない自分に無力感を抱いていました。

しかし、そんなときに目の前で苦しむハジを見て、彼を救いたいという思いを強くしていきます。

 

他方、コーリャはロシア軍に入隊後、徐々に様子が変わっていきます。

当初、死体安置所に次々と運ばれる戦死体に強い抵抗を示し、

上官からの理不尽な暴力にも静かに反発していたのに、

次第に戦死体の扱いに慣れ、自身も同僚に激しい暴力を振るうようになり、

終いには人を殺し、子供や老人を殺すことにも違和感を抱かなくなっていきます。

 

戦争の悲惨さ、残忍さ、異常さを、あらためて痛感させられました。

 

映画を観終わった後、買い物客らで賑わう街中を駅まで歩きましたが、

その無邪気な景色とチェチェンのそれとの余りのギャップの激しさに、

なんとも言い難い感覚に襲われました。

 

チェチェン紛争は、2009年にロシアの終結宣言があったものの、その後も治安が安定していない。

また近年はウクライナでも似たような状況が生じている。

そのほか、アフガニスタンでも、イラクでも、シリアでも…。

 

これらの解決は容易ではないけれど、人々の無関心が状況を更に悪化させている。

 

まずは事実を知ることが大事。

そう思いました(自戒の念を込めて)。

 

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  『あの日の声を探して』 はコメントを受け付けていません。
20 / 35« 先頭...10...1819202122...30...最後 »