弁護士の馬奈木幹です。

 

来る12月13日(土)、高畑勲監督を横浜にお招きして、

「戦後70年の平和の大きさ」というテーマでお話しいただく講演会を開催します。

 

2015年、戦後70年を迎えようとしています。

この間、私たちは、1人の戦死者も出すことなく、平和憲法のもとで守られて生きてきました。

 

憲法9条の解釈改憲、集団的自衛権の行使容認、

秘密保護法の施行といった流れのなか、いまもう一度、

戦後70年の平和の大きさについて、高畑監督のお話を伺いながら、

考えていけたら、と思います。

 

是非みなさま、お誘い合わせの上、ご参加ください。

 

日時:2014年12月13日(土) 14:00開演(13:30開場)

開場:横浜弁護士会(アクセスマップ←クリックすると別ウィンドウで開きます)

 

※先着170名(サテライト会場含む。予約不要・入場無料)です。

12時30分より整理券配布予定ですが、12時前のご来場はご遠慮ください。

 

 

戦後70年の平和の大きさ(表) 戦後70年の平和の大きさ(裏)

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  戦後70年の平和の大きさ はコメントを受け付けていません。

弁護士の石畑晶彦です。

 

先日、福島原発被害者支援かながわ弁護団の第6回口頭弁論がありました。

口頭弁論期日では,私も含め弁護士二人と原告1人の意見陳述が行われました。

私は,主に区域外避難者の精神的賠償の点について,

「低線量被ばくであっても,健康影響についてのリスクが存在することは否定できない。

これは被告東京電力の依拠するWG報告書によっても明らかにされている。

そうであれば,区域外避難者についても避難について科学的な合理性が認められる。

さらには,放射線感受性が強い幼い子供の存在から

その子供を守るために避難することも合理性があるなどの諸事情も考慮して,

区域外避難者の避難行動は合理的であり,

原告らの避難行動による損害は本件事故と相当因果関係がある損害である」

等の主張をしました(紙面の関係で大分割愛しております。)。

 

期日後の,報告集会も,情報文化センターのホールを使い,多くの人が集まり,

特に,千葉の弁護団からも原告と代理人の先生が連帯の意見表明していたことが印象的でした。

 

 報告集会

 

 

 

 

 

 

 

今後も,一弁護団員として,原発被害にあった避難者の支援に取り組んでいきたいと思います。

 

 

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  第6回口頭弁論 はコメントを受け付けていません。

弁護士の馬奈木幹です。

 

11月15日(土)14:00~、若手弁護士二名と若者の企画で、憲法カフェを開きます。


憲法カフェ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶でも飲みながら、憲法がどんな風にわたしたちの生活にかかわっているのか、

憲法にまつわる素朴な疑問など、憲法に関して気楽に話せる場にしたいと思っています。

 

是非是非、お気軽にご参加ください。

 

日時:平成26年11月15日(土) 午後1時30分OPEN 午後2時START

場所:開港記念会館4号館(定員20名)

   JR関内駅・市営地下鉄関内駅より徒歩10分、みなとみらい線日本大通り駅徒歩1分

主催:日本民主青年同盟神奈川県委員会

   TEL:045-290-6374

 

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  【おしらせ】憲法カフェ はコメントを受け付けていません。
20 / 32« 先頭...10...1819202122...30...最後 »