「どん底」(東京演劇アンサンブル公演)

 

弁護士の馬奈木です。

 

演劇のご紹介です。

東京演劇アンサンブルという、ブレヒトのお芝居を中心に公演している劇団があります。

東京都練馬区の武蔵関に小さな芝居小屋があり、その名も「ブレヒトの芝居小屋」といいます。

 

その芝居小屋で、9月10日(水)~20日(日)の11日間、「どん底」という演劇の公演があります。

 

~作品紹介(パンフレットより)~

20世紀初頭、ロシアでは、何千万人もの人びとが餓死線上をさまよい、

農民は俊へ流れ込み、あふれる失業者は、貧困窟へ落ち込んでいった。

泥棒、売春婦、イカサマ師、「元」役者、「元」貴族、「元」職人、汚辱の日々から逃れられない男、女・・・・・。

抜け出す術を持たない「夜の宿」の住人の前に、ある日、流浪人ルカが現れる。

自身の尊厳を知らぬ住民たちにルカが持ち込んだのは、希望か、はたまた絶望か・・・?

 

人間とは何か?人間らしいとはどういうことか?

 

踏みにじられ貶められた人々のあふれることばを通して見える、

「人権」発見の黎明期、革命の予感。

 

いま、「人権は停止できる」と発言する首相を持つ国に行き、

戦後最悪の暴挙がまかり通る土壌に生きる私たちは、

問いかけられている―――ことばといのちについて。

人間の尊厳について。

 

 

でも、「個人の尊厳」って?

「人権」「自由」ってなに?

考えたことがない、という方も多いと思います。

 

そんな方も、そうでない方も、「個人の尊厳」や「人権」、「自由」について、

いのちについて、演劇を通じて考えてみませんか。

 

9月に是非、「ブレヒトの芝居小屋」に足をお運びください。

 

 

 

公演日程

2015.9.10(木) 19:00

9.11(金) 19:00

9.12(土) 14:00

9.13(日) 14:00

9.14(月) 休演日

9.15(火) 19:00 LowPriceDay

9.16(水) 19:00 LowPriceDay

9.17(木) 19:00

9.18(金) 19:00

9.19(土) 14:00

9.20(日) 14:00

 

■全席自由(チケット申込・発売時に整理番号発行)

 

■開場は開演の30分前/整理番号順の入場

 

■料金 前売一般3800円/前売学生3000円/LowPriceDay2500円/当日4500円

 

■チケット申込

 ・東京劇場アンサンブル TEL:03-3920-5232 FAX:03-3920-4433  mail:ticket@tee.co.jp

 

 ・カンフェテイ http://www.tee.co.jp/ticket-web.html

※web予約の注意事項:ご予約前に、観劇ポータルサイト「カンフェテイ」への会員登録(無料)が必要となります。

セブンイレブンの発行手数料がかかります。

 

■協賛 ケンタウルスの会

 

■場所 ブレヒトの芝居小屋/東京都練馬区関町北4-35-17

 

【電車】 高田馬場より西武新宿線にて「武蔵関」駅下車。

(準急-直通/急行-「上石神井」にて普通電車に乗り換え1駅。)

改札を背に左側の階段を降り、「エイブル」・「リサイクルショップ街」を左手に見ながら直進。

ゆるやかな上り坂を進んで突き当たりを右折。10メートル。(駅から6分)

 

【バス】・中央線・井の頭線「吉祥寺駅」北口バス乗り場4番より、西武バスに乗車。

「関町北4丁目」にて下車(吉祥寺駅より約20分)。進行方向に進んでサーティーワンの角を左折。

 

・西武池袋線「大泉学園駅」南口バス乗り場より「吉祥寺駅行き」にて「関町北4丁目」下車。

進行方向逆に戻って、新青梅街道の交差点をサーティーワン方向に横断、直進10メートル。

 

 

 

 

 「どん底」フライヤー表 「どん底」フライヤー裏

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  「どん底」(東京演劇アンサンブル公演) はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。